* スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
* 執着の捨て方 「それって本当に必要?」って自分に聞いてみよう
「それって本当に必要?」って自分に聞いてみよう!


こんにちは。はっぴーママです♪

執着をなかなか捨てられないとき
「それって本当に必要?」
「それって今も私にとって本当に必要なの?」って
自分で自分に問いかけてみるといいです。


私が執着を捨てられずに苦しんでいた頃
執着を捨てよう、捨てようって思えば思うほど
執着に執着してしまう結果を生み出し
執着に新たな執着が重なって
がんじがらめに執着が団子状になっていたように思います。


そんな状態から自分を抜けださせるために
私は「そんな執着、捨てよう!」と思う代わりに
「ねぇ、それって本当に私にとって必要?」って
自分に問いかけてみるようにしました。

すると
あんなに捨てられなかった執着が
だんだんと消え始め
「もうどうでもいい」とか
「もう要らないよね」とかって思えるようになって
さらに、そのことを思い出さない時もあるくらいに
執着心が消え始めたんです。


よく“答えは自分の中にある”と言いますが
解決策はいつだって自分の中にあります。


自分に問いかけ続けると
自分の心がその答えを見つけ出そうとしてくれるのです。


「執着を捨てよう」「捨てよう」と
繰り返し思い続け、言い続けると
その“執着を捨てる”ということに意識が集中し
結果として、いつまでも執着を捨てることができなくなるんです。


だけど
「それって、本当に私にとって必要?」
さらには「じゃ、あなたは本当はどんな状態になりたい?」って
自分に聞き続けると
“なりたい状態”に意識が集中することとなって
捨てられなかったことを思い出すことさえなくなるんです。


捨てたいこと、
執着したくないことに意識を向けるのではなく、
なりたい状態、
手に入れたい自分に意識を向けるだけです。


なんてことない当たり前のことのようですが
がんじがらめに執着心に苦しんでいたときには
こんな簡単なことが思い浮かびませんでした。

執着に執着することで
そのことから離れたくない自分が
きっとどこかにいたんでしょう。


でも、「それって本当に必要?」って
自分に問いかけ続けることで
「もう要らない」という答えが
いつしか執着心を開放してくれたんです。


無理やり「捨てよう」とするのではなく
自分の中の自分に答えを求めるわけですから
自分の中の自分も納得した上で
自然なかたちで手放していくことができるんです。


自分を許しましょう。

自分を認めましょう。

自分を愛しましょう。

自分を許し、認め、愛することができたなら
何かにすがる必要はもうなくなります。

自分を許し、認め、愛することが
自分の中の執着心を捨てるカギとなります。


私が自分を許し、認め、愛せるようになったのは
サブリミナルCDのおかげでした。


自分の抵抗なく
潜在意識に直接働きかけてくれるサブリミナルの力は大きかったです。










執着を捨てる | - | -
* スポンサーサイト
- | - | -
<< 自分を許す | main | その手を離せないのは何故? >>