* スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
* 隠れた自分の本心をみつける
隠れた自分の本心をみつける


こんにちは。はっぴーママです。


執着を捨てたい、
自分を変えたいと苦しみ悩んでいる時って
その方法やその答えをみつけたくて
次から次へをネットをあちこち読み歩いたりしいませんか?



私は、よくあったんですよね。そういうこと。

来る日も来る日も
同じような言葉を検索窓に入れて
出てきたサイトを片っ端から読んでいく・・

書かれていることは同じようなことばかりなのに
それでも、まだ答えが欲しくて
何時間も、何日も
同じような言葉を入れて、またサイトをあちこち読みまくる・・・

そんな繰り返しばかりしていた時がありました。


どんな答えが欲しかったのか、
いったいどんな答えを自分は望んでいたのか、


それは、きっと 心のどこかに
「その気持ちを捨てなくてもいいんじゃないですか」
と、言ってほしかったのかもしれません。



執着を捨てたい、と言いながら
そこに執着することで
そことのつながりを絶ちたくないと
どこかで望んでいる自分がいたんだと思います。


完全に手をはなしてしまうのが怖かったんでしょう。

愛されていたそのときの自分を捨ててしまうのも怖かったんでしょう。

それを捨ててしまったら自分の居場所がなくなることが怖かったんでしょう。



だから、執着を捨てたい、
もう開放して欲しい・・・と言いながら
そこに居座り、元へ戻ることを認めてくれる記載が欲しかったのでしょう。


でもサブリミナルCDを繰り返し聞く中で
そういう気持ちも徐々に消えていきました。


執着を捨てようとか、
自分の中の観念を浄化しようとか
思えば思うほど
それができない自分が許せず、
どんどん自分が嫌いになり、自分を責めてばかりの私を
救ってくれたのは、サブリミナルCDでした。



サブリミナルなので表面上は、ヒーリング音楽を聞き流しているだけで
潜在意識に自分が望むメッセージを届けてくれました。


執着を捨てきれず、
答えを求めて、新しいサイトを検索しているときも
サブリミナルCDを繰り返し聞きながらするようになっていました。


すると、不思議なことに
日に日に、サイトに求めている答えが変わってきていることに気が付きました


自分がどんなサイトを求めてネットサーフィンをしているかで
自分の隠れた本心がわかるような気がします。


どんなに違う、と言っても
心は、自分が欲しい答えが見つかるまで
同じようなサイトを何度も何度も探している
ものです。



あなたは、いったいどんな答えが欲しいんでしょう。

そして、来る日も来る日もその答えが見つかっていないとしたら・・・


私のように、自分をゆるし、認めることで
何かが変わるかもしれません。




私を変えてくれたのは、これらのサブリミナルCDたちでした。



執着を捨てる | - | -
* 執着を捨てられない自分も許しましょう
執着を捨てられない自分も許しましょう


こんにちは。はっぴーママです♪

もういい加減、本当にこのいまわしい執着を捨ててしまいたいと思えば思うほど
執着心が捨てられず、苦しんでいました。


自分が苦しいのは、
今となってはもうどうでもいいはずの過去のある事に
いつまでも執着し
何度も自分でそこに戻るからなんだと
頭ではわかっているのに
どうしても気づくとそのことばかりを考えているのです。


捨てなければ。。と思えば思うほど執着が強くなり、
「頼むから消えてよ」
「もう頭のなかに出てこないよ」と
泣きながら、その亡霊に消えてくれるよう
頼み込むようなことも何度もありました。


なんで消えてくれないの?
なんでいつまでも執着してしまうの?
なんで自分で自分をこんなに締めあげるの?

苦しみを作っているのは
過去の出来事ではなく
単に自分のこのいまわしい執着なのだとわかっているんですが
どうにも執着を捨てることができなかったんです。


だけど、あるとき気が付きました。

執着を捨てられない自分を許せていなかったんです。

執着し続ける自分は悪い。

執着を捨てられない自分は愚かだ。

執着を捨てられない自分は許せない・・・。


そんな気持ちも
サブリミナルCDの「ゆるしのメッセージ」を繰り返し聞く中で
次第に浄化されていき
気づいたら執着心も少しずつ消えていったように思います。


ゆるしのメッセージと言っても
サブリミナルメッセージなので
実際はリクラゼーション音楽を聞いているような感じです。


サブリミナルCDを聞いている時は
頭が空っぽになりました。

常に頭にあったそのことに対するセルフトークも
ピタッと止まり
その時間がなんとも心が平穏で自分がラクだったんです。


何も考えない無の空間、
サブリミナルCDを聞き流している時は
本当に透明な時間でした。

これを繰り返すなかで
あんなに私を苦しめた執着心が
徐々に消えていったんです。


自分を許しましょう。

執着を捨てられない自分も許しましょう。

自分で自分の首を締めている愚かな自分も許しましょう。

どんな自分も自分です。

何も責める必要はないんです。

どんな自分も許し、認めることで
自分を苦しめている様々な事象が消えてきます。

私は私を許します。
私は私を許します。
私は私を許します。

すべてはここから浄化が始まるのかもしれません・・。


ザ・シークレットサブリミナル〜90日で潜在意識を理想の状態に書き換えるサブリミナルCD




執着を捨てる | - | -
* その手を離せないのは何故?
その手を離せないのは何故?


こんにちは。はっぴーママです♪


とっくの昔にいなくなった人のはずなのに
いつまでもその手をはなせないのは何故なんでしょう?


いなくなったのはもう何年も前で
すでに何年もその人がいなくてもやってこれているのに
その人に向かっていつまでも手を伸ばし
その人を求めつづけているんです。


その人のことがそんなに好きなの?
そこまで素敵な人なの? と言われれば

あんなヤツどうでもいい!
あんな最低なヤツほかにいない!と即答できるほど
嫌悪感が出てくるのに
何故だか、その手を離せないんです。


私もずっとそういう執着に縛られ
苦しめられてきました。


執着を捨てようとすればするほど
執着に執着して
常にそのことが頭から離れず、
そしてそこからの答えがないことに苛立ち
どれほど無駄な時間と無駄なエネルギーをつかってきたんでしょう。


それって
そのこと自体が欲しいわけでも
その人との縁を戻したいわけでもきっとないんです。

その人といたときの自分が
きっと自分にとっていい感じの自分だったんでしょうね。


自分のことを「可愛い」と言ってくれたとか
自分のことを「愛している」と言ってくれたとか
自分のことを大切にしてくれたとか
自分にとって良かった気持ちに執着しているんじゃないかしら?


特に、それまで自分を愛してくれる人がいないと感じていたり
自分はいつでも感情を押し殺してばかりいたような人は
自分を愛してくれて、ありのままの自分を認めてくれて
自分も自分のままでいられたその経験は
自分にとってこの上なく貴重なものだし
手放したくないものですよね。


頭ではきっとわかっていると思うんです。

今、その人が目の前にいないということは
その人が自分からはなれた理由があるわけです。


その人の心変わりが原因かもしれませんし
その人の浮気が原因かもしれません。

いずれにしても、別れた理由は
きっとあなたにとっていい気持ちがするものではないはずです。

だから、そんな人をいつまでも想っていたって
なんのメリットもないし
その人のことなんてサッサと忘れたほうがいいって
ちゃんと頭ではわかっているはずなんです。


だけど、心がその人を求め続けてしまうんですよね。

その勘違いから、早く目を覚ましましょう。

あなたが求めているのは、その人ではなく
自分を愛してくれる人
自分を認めてくれる人
自分が自分でいられる心地いい気分。


そして、それらは
本当は自分の中の気持ち一つでいくらだって解決できるんです。


自分を自分で愛してください。

自分をもっともっと好きになってください。

自分は自分、ありのままの自分でいいんだって
自分に何度も何度も繰り返し言ってあげてください。


あなたが求め続けているのは
目の前からいなくなったその人ではなく
自分を認めてくれる自分自身なんです。


自分を愛しましょう♪

自分で自分を抱きしめるように両肩を抱いて
「私は私が大好きだ」って、何度も言ってあげまっしょう。


そうすれば、きっとその執着は消えてなくなりますよ。






執着を捨てる | - | -

<< | 2/65Pages | >>