* スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
* 執着しないという執着を捨てる
執着しないという執着を捨てる


こんにちは。はっぴーママです♪

捨てたいのにいつまでたっても消えてくれない
私の中の執着心にずっと苦しめられていました。


もう執着しない!
この執着を手放さないと!と
躍起になればなるほど
そのことを意識してしまい
結果としてますます執着してしまっていたように思います。


執着を手放さなければ、手放さなければ
と、いつもそのことばかりを考えていたので
結果として常にそのことに執着することになっていたんです。


「ま、もうどうでもいいよ」と言いながら
そのことが頭にあり、
「ああ、本当にこの執着心を捨てなくちゃ!」
「消えてくれ!」って思い続けていたんです。


ここが“執着”という魔物の恐ろしいところです。


執着心は、あの手この手で
自分の心の中に生き残ろうとしてきます。


「手放さなければ」
「消さなくちゃ」と思うことで
執着に執着する形になっているわけです。


よく失恋したあとに、元カレ(元カノ)が忘れられない人に
元カレ(元カノ)への執着を手放すには
新しい恋をするのが一番!だと言いますよね。

それと同じです。

そのことを思い出さないくらい熱中する別の何かを見つければ良いわけです。

執着を捨てられないで困っているものを思い出す暇もないくらい
熱中できる何かをみつけましょう。


そのためにも、まず、自分を許すことです。

自分を許せば、「次」へ進めます。

「ゆるし」がすべてを変えてくれます。


私が今でもよく聞いているサブリミナルCD

ザ・シークレットサブリミナル〜90日で潜在意識を理想の状態に書き換えるサブリミナルCD



完全オリジナルのサブリミナルメッセージを入れてもらえるので
私は自分をゆるすメッセージを入れてもらいました。




執着を捨てる | - | -
* 執着心を手放す
執着心を手放す

こんにちは。はっぴーママです♪

消したい!
消えてくれ!
そう言いながら、
もう片方の手でしっかりとしがみつき
絶対にはなれまいとする自分の中での矛盾に
さすがに疲れ果ててきました。

苦しみを作り上げているのは
明らかに自分の勝手な思い込みと
捨てきれない執着の心だということは
重々わかってはいるのです。

簡単なことです。

執着するのをやめればいいだけですから!

とっくの昔に、それがない状態でやってこれているのに
それでもまだそこへの執着心が捨てきれないのは何なんでしょう?

一人でヤキモキして
一人で苦しんで
一人でエネルギーの無駄遣い

もう何年こんなことを繰り返しているのでしょう。

手をはなすのが怖いのはなぜ?
何を恐れて執着心を手放せないの?

そんな問うこと自体が執着を捨てきれなくしているのかもしれません。

もうどうでも良いのです。

実際もうそれがなくなって何年も過ぎているのですから
残っているのは私自身の執着心だけなのです。

そんな自分をアホらしいと思うこと自体がアホらしいのです。

焦点を変えましょう。

「過去」ではなく「今」をしっかり生きましょう!

今の自分をもっと好きになって
自分の人生をもっと楽しみましょう!

心を無にすれば、何も考えずにすみます。

私は無になりたくて、今日もサブリミナルCDを聞いています。


執着を捨てる | - | -
* 執着を手放す
執着を手放す

こんにちは。 はっぴーママです。

観念を消し切れていないうちは
何度も何度もそのことを思い浮かべては
自分で自分の首を絞め 
苦しんでいました。

そこに執着するから苦しいんだと
わかっているのに
気にしない、気にしないと思えば思うほど
そのことだけに気が行ってしまうのです。

「執着を捨てなきゃ!」
「観念を浄化しなきゃ!」
そう思うことで
反対にそこへの執着心が強くなってしまっていたように思います。

そこで“執着する”こと自体を浄化してみました。

「私は、○○に執着しません」
「私は、○○に執着してしまいます」
「私は、○○への執着を捨てきれません」
「私は、○○への執着を捨てました」

言葉を色々変えながら
執着している自分を表と裏の両方から浄化してみたんです。

すると、次の日
あれほど消せなかった執着心が起きません。

思い出そうとしても、思い出せない不思議な感覚でした。

執着していたことは覚えています。
だけど
執着していたその気持ちが
思い出そうとしても湧いてこないのです。

なんとも不思議でした。

こういう不思議な体験が
浄化をしていく中では多々起きてきます。

そしてそのたびに、心が軽く
肩の力がスーッと抜けていきます。

ときに
このように
執着を捨てなきゃ、
観念を浄化しなきゃ、という躍起になる心そのものを
浄化し手放してみるといいですよ。

すごくラクになれます♪
執着を捨てる | - | -
* 執着を捨てる
執着を捨てる

こんにちは。 はっぴーママです。

消したくてもなかなか消すことができない思いこみ。
しっかり浄化したつもりだったのに
その消したはずの思い込みが
いつしかまたフツフツとわいてきて私を繰り返し苦しめ続けました。


何に執着しているのか。


そのこと自体に執着しているのではなく
その陰に隠れた大きな根っこを退治しないから
その思い込みが消えないんだということは
頭ではわかっているのですが
いつしかまたそのことで頭がいっぱいになって
心をかきむしられ、ひとりでもがき苦しみ続けました。


完全な独りよがり、
そんなふうに思っているのは単に自分の妄想だということも
頭ではわかっているはず。


それなのに、心を乱し、
エネルギーを消耗し、疲れ果てていました。


執着を手放しなさい!
執着を捨てなさい!


手放さなきゃ、浄化しなきゃって
必死になり過ぎて、かえって執着していたのかもしれません。


執着を捨てることに執着するあまり
浄化すべきことが浄化できずにいたような気がします。


苦しいのは、自分がそこに注意を向けるから!
それを見ないようにすればいいだけ!


そんなふうに言われても、それはなかなかできませんでした。


何が心に引っかかっているのか、
何が満たされないからその執着が消えないのか、

頭であれこれ考えれば考えるほど執着心が強くなります。


それよりも、むしろ「無心」になる時間を作るほうがいい。



私は、このサブリミナルCDを聞くようになり
頭とセルフトークが働かない無心の時間を作るようになったことで
いつしか執着を捨てることができました。


もしもあなたが苦しんでいるなら、試してみるのも良いのでは??



ザ・シークレットサブリミナル




執着を捨てる | - | -
* もっと気楽に行こう!
もっと気楽に行こう!

こんにちは。 はっぴーママです。
観念浄化ワークを実践しています。


物事への執着、
相手への執着、
諸々への執着を捨てて
もっと気楽に行ったら、ラクになるよ!


期待するから、それが実現しないと苦しくなるんです。

そもそも期待するということ自体が
自分の勝手な思い込みです。

自分が創り上げた勝手な思い込みなのに
期待どおりにいかないことに苛立ち、
苦しくて仕方なくなる・・・

なんてばからしいんでしょう。


ものごと、なるようにしかならないのです。

いや、ものごと、なるようになるのです。

なるようになったことをただ受け止めればいいだけのこと。


思い通りに行くとか行かないとか
そんなこと自体、自分を苦しめる自我のいたずらです。


くだらない自分勝手な執着のせいで
胃がキリキリして、イライラしているなんてナンセンス!


そんなくだらない執着なんて、サッサと捨てて
もっと気楽に行きましょう♪


胃をキリキリ痛めるよりも、
スー。ハーッと浄化ワークで吹き飛ばしてしまったほうが
身も心も健康です。


もっとラクに、楽しくいきましょう♪




執着を捨てる | - | -
* 欲しいものが手に入るのは・・
欲しいものが手に入るのは・・


こんにちは。 はっぴーママです。


欲しくて 
欲しくて
どうしても手に入れたいのに
それを望めば望むほど それが遠のいてしまう という経験を
したことはありませんか??


「思考が現実化する」 と 言いながら
こんなに望んでいるのに 手に入らないじゃないか!? と
苛立った経験はありませんか??


そのパラドックスの原理について
自分の体験をもって理解したのも 
浄化ワークを実践していく中でのことでした。


執着心を捨てる

そんなこと 以前は考えることさえありませんでした。


そうなって欲しいけど
期待しない、 執着しない、 
自分の観念をくっつけない ・・・・

簡単なようで 難しい。。。

難しいようで すごく簡単。。。。


この原理が 本当にわかってしまえば
「「すべて 自分の思い通りなんだ」」って 実感できます。


今回もまた 浄化ワークして 執着を捨てたことで
望みがひとつ叶いました。


答えに期待しない、
結果に執着しない、
すべて ありのままを受け入れていけば
必要なことは 必要なときに 必ず叶えられます。


それをさえぎっているのは ただただ 自分の中の“観念!!


その観念を どうぞ 取っ払ってみてくださいね♪♪

不思議なくらい望むものが手に入りますよ。





執着を捨てる | comments(0) | -
* 私が変われたのは
私が変われたのは・・・。


こんにちは。 はっぴーママです。


私が変われたのは・・・。

最近 メッセージでの質問で
「どうやったら はっぴーママさんのように
自分を 変えることができますか?」 と聞かれることが増えました。


うーん。

ひとことで言うと
“自分を変えよう” とか
“こう変わりたい” とか
“変わるためには こうしなくてはいけない” とか というような
「変わる」ことへの期待や執着を手放したときに
私は 変わり始めたような気がします。


観念浄化ワークを始めた頃は
とにかく 必死で
毎日 これでもか、 これでもか というくらい必死でワークして、
少しも変わらないどころか、 
好転反応で 身体も心もものすごくしんどくなって、
泣きながら 旅ガイドの栗A太さんにメールをしたことも何度もありました。


「変わりたい!」
「なんで 変わらないの?」
「やっぱり こんなの嘘っぱちじゃないの?」

とにかく 「変わる」ことに対して
思い切り期待しすぎていましたし、 思い切り執着していました。

そして
すぐに変化が出ないことに 苛立ち、
自分を責め、
さらに「こうしなければ」 と 自分を強迫していたんです。


それが いつしか
観念浄化ワークも必死にやるのではなく、
心にモヤっとしたことが湧いたり、 イラっとしたときに
その根本になるものはどこにあるのかな? って 内観して
それを その場で浄化するだけになっていったんです。


自分がいい気持ちがしない感情が湧いたときや
自分が思い出したくないことが思い出されたときに、
なんで それがイヤなのか?
なんで 思い出したくなかったのか? 内観して
それを その場で 浄化するんです。


そこに 「変わらなきゃ!」 とか
「変わりたい!」 という 執着はなくなっていました。


いい気持ちがしないから、それを 浄化する ・・・
たった それだけのことです。


いい気持ちがしないときの根本にあるものを手放したら
自分が変われることに どこかで気づき始めていたんでしょう。


何の気負いもなく、
何の期待もなく、
ただ 自分が望まない感情を 日々 淡々と浄化していく・・・

その繰り返しで 気がついたら 私はこんなに変わっていました。


「変わりたい」
「変わらなきゃ」 と 思っているうちは
まだまだ 自我の支配下です。


何故 変わりたいのか
何で 変わらないといけないのか、
そう思わせている「根本」の観念(思い込み)があるはずです。

それを退治しましょう!


「変わりたい」 「変わらなきゃ」 という観念を捨てて
徹底的に 自分自身を内観して、 心を浄化すれば
あなたも 変わることができると思いますよ。


執着を捨てる | - | -
* 何もないけど全てある
何もないけど全てある

こんにちは。 はっぴーママです。

何もないけど全てある。

少し前までの私は
なりたい自分のイメージを常に思い描き、
そのために日々行うことの目標を細かに立て、
目標に向かって いつもプラス思考であるようにと心がけ、
毎日 毎日を 必死で生きていました。

毎日の行動を 時間刻みで書き、
こなした「数」を細かく分析し、
そうすることが 目標に近づくための成功法則だと思っていたんです。

仕事上 うまくいっている人たちからも
そのようにすることが成功への道だと言われ、
毎日 毎日 そのように生きていました。

「数字」に向かい、
ひとつひとつの目標をたて
毎日を必死で生きてるのですから
確かに “やっている”、“生きている” という実感もありました。

目標とする自分へ 「数」(成績)の上では 近づいていることも
実感していました。

だけど
あるとき それは 「本当の自分」じゃないと気づいたんです。

○○せねば・・・
○○せねば・・・で がんじがらめのネバネバ星人

どこかで 誰かに“生かされている”のです。
私自身が 生きているのではないのです。


そう気づいてから
その「なりたい自分」への執着、
「目標」への執着、
「毎日 これをやらねば」の 強迫観念、
それらを 浄化ワークで 手放してみました。

すると いつまのにか
まったく こだわりがないのです。

なりたい自分へのこだわりも、
成績へのこだわりも、
こう あらねば、 こうせねば という観念も
すべて 何もないのです。

ただ 今 目の前にある「やること」を 淡々とこなすだけ。

何もないのに、 全て 満たされている幸福感。

成績が伸びているわけでもないし、
収入が増えて 生活が楽になったわけでもないのに、
あせりもなければ 不安もなく
心は 満たされているのです。

執着も期待も すべて浄化したら
「自分の進んでいく道」が 見えてきた気がします。


無理やり 自分の道を探すのでもなく、
無理やり 目標を掲げて歩いていくのでもなく、
心をニュートラルにして 「本当の自分」に戻ったら、
自ずと 次々「進むべき道」が現れてくるんです。

そして 気づいたら
自分は どんどん なりたい自分へと変わってきています。

何もないけど、全てある。
モチベーションだ、エモーションだって
自分をかきたてるような激しい想いもなく、心は いたって静かなのに
今までの中で 一番 熱い私かもしれません。

しあわせです。

執着を捨てる | - | -
* 「いつか」やるではなく、「今」やる!
「いつか」やるではなく、「今」やる!

こんにちは。 はっぴーママです。

「いつか」やるではなく、「今」やる!

いつか お金と時間の余裕ができたら 
やってみたいなぁ と 思っていたラテンダンス。

その話をするたび、子供たちに
「母ちゃん 何歳だと思ってるの?」 って 言われてました。

ものごとをはじめるのに 歳は関係ない と 思っていたのですが、
「いつか」やりたい
「いつか」やりたい と 思っているだけでは
いつまで経っても
「いつか」は やってこないことに気づきました。


お金も 時間もないから できない??

いやいや きっと それも勝手な自我の言い訳、
思い込みなのでしょう。


なぜか 急に思い立って
3日前から ラテンダンスを始めました。

お金も時間もないと思っていたのに
一歩を踏み出してしまえば そんなこと 何でもないこと、
何とかなるものです (笑)


「いつまで 続くかねぇ〜〜〜」と 子供たち。

いいんです!

続けなくちゃ・・・ という 強迫観念もないし、
続けることへの執着も 手放していますから、
ただただ 「今」このとき
ラテンの音楽に合わせて 身体を動かすことの気持ちよさだけを感じています。


「いつか」やるではなく、「今」やる! 

「今」この瞬間を 自分の思い通りに生き切れなければ、
「いつか」なんて 永遠にやってこないのです。


あなたの「今」を阻んでいる心のブロックは何ですか??

その思い込みを 浄化してしまえば
楽しい「今」が 待っていますよ♪

いつでも ここが スタートライン!

自分がいるのは 「今」このときしかないのです♪

執着を捨てる | comments(0) | -

<< | 2/2Pages |